積みプラHGUC.com

ガンプラHGUCシリーズ専門ブログ

HGUC 193 ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)REVIVE 1/144 - 素組みレビュー

f:id:MASA-HGUC:20190117222522j:plain

2015年11月発売 税別価格1500円

はじめに

ファーストガンダムほどではありませんが、HGで幾度もキット化された歴史を持つRX-178 ガンダムMk-Ⅱ。

その最新キットである「HGUC 193 ガンダムMk-Ⅱ(エゥーゴ仕様)-REVIVE 1/144スケールキット」のガンプラ素組みレビューです。

「機動戦士Zガンダム」の前半主役機として名高く、当然人気はあるのですが、旧HGUCはGディフェンサーとのセットか、フライングアーマーとのセット販売のみでした。

意外にもエゥーゴカラーのガンダムMk-Ⅱは、これが初の単品HGUCキット化なんですね(限定販売品を除く)。

ガンダムMk-Ⅱは後半主役機のZガンダムと違って変形機構を持ちませんが、多数のオプション(Gディフェンサー、フライングアーマー、メガライダー等)装備によって、多彩な姿を見せる機体です。

今回は旧HGUCとの比較はもちろん、気になるGディフェンサーとの合体(スーパーガンダム)も含め、リヴァイヴされた雄姿をじっくりと見ていきたいと思います!

スポンサーリンク
 

機体データ

f:id:MASA-HGUC:20190117222626j:plain

フロントビュー
  • 型式番号:RX-178 
  • 全高:18.9m
  • 頭頂高:18.5m
  • 本体重量:33.4t
  • 全備重量:54.1t
  • ジェネレータ出力:1930kw
  • スラスター総推力:81200kg
  • センサー有効半径:11300m
  • 装甲材質:チタン合金セラミック複合材

 

f:id:MASA-HGUC:20190117222709j:plain

リアビュー

ティターンズによって、専用の次期主力機としてグリプス1で独自に開発を進められていたMS。

一年戦争の名機RX-78 ガンダムをベースとして設計されており、非常に高いポテンシャルを持った機体となっている。

本格的なムーバブルフレームを初めて採用したことで、高い運動性能を獲得。

汎用型ではあるが、ティターンズ専用機として開発されたため、コロニー内戦闘を重視した設計となっている。

そのためバーニアの性能が高く、それまでのMSと比べ、大気中や重力下でも高い機動性を発揮することが可能。

一方、装甲に旧世代の素材(チタン合金セラミック複合材)を使用しているなどの欠点も抱えている。

試作機が3機建造されたが、エゥーゴの活動により、最終的に3機とも奪取されるという結果に終わっている。

 

主な装備(旧HGUCとの比較)

f:id:MASA-HGUC:20190117222755j:plain

付属品一覧

ビーム・ライフル、ハイパー・バズーカ、バルカン・ポッド、ビーム・サーベル刃×2、シールド及び、シールドを腕に装着するパーツが2種類付属。

なお、平手や銃持ち手は付属しません。

標準の握り拳に武器も持たせるタイプです。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117223009j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117223034j:plain

旧HGUC(右)と比較

ここからはHGUC 053 ガンダムMk-Ⅱ+フライングアーマー付属のガンダムMk-Ⅱ(以降、旧HGUC)と比較しながら。

ファーストガンダムほどではありませんが、リヴァイヴ版は若干小顔化され、肉付きもややスマートに。

しかし、パッと見の色分けは旧HGUCも優秀ですね。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117223411j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117223432j:plain

シールド

シールドの伸縮機構は、新旧共に差し替えで再現されています。

両脇のイエローはホイルシール。

f:id:MASA-HGUC:20190117223547j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117223610j:plain

腕部へのジョイント

新旧とも、前腕部の側面と後面、2種類の取り付け方が選べますが…

f:id:MASA-HGUC:20190117223731j:plain

ジョイントパーツ

旧HGUCは1つのジョイントパーツで賄っていたのに対し、リヴァイヴ版は2種類のジョイントパーツを使い分けるので、見栄えは良くなっています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224019j:plain

ビーム・サーベル

旧HGUCは右手首と一体成型ですが、リヴァイヴ版はクリアピンクのサーベル刃が2本付属。

大幅に見栄えが良くなった部分です。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224157j:plain

ビーム・サーベル・ラック

ビーム・サーベルのグリップ部分は、新旧共にバックパックのサーベルラックに脱着可能。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224317j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117224352j:plain

バルカン・ポッド・システム

バルカン・ポッドは若干スリムに。

グリーンのセンサーはシールで再現。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224454j:plain

ハイパー・バズーカ

ハイパー・バズーカは若干長くなり、砲口もやや広がっています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224559j:plain

腰部背面へマウント

新旧とも、腰部背面へマウント可能です。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224720j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117224741j:plain

ビーム・ライフル

ビーム・ライフルは先端部分の造形が立体的になり、グリーンのセンサーもシールで再現。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117224903j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117224926j:plain

フル装備

スポンサーリンク
 

各部ディティール(旧HGUCとの比較)

f:id:MASA-HGUC:20190117225018j:plain

頭部ディティール

旧HGUCはかつてのMGに近い釣り目でしたが、リヴァイヴ版は幾分柔らかい表情に。

頭頂部の合わせ目も、リヴァイヴ版では無くなりました。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225220j:plain

頭部側面

しかし側面から見てみると、リヴァイヴ版は合わせ目が残っています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225338j:plain

バックパック

バックパックとサーベルラックを結ぶチューブは、旧HGUCの方が布製チューブを使っているだけあり質感が高いです。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225530j:plain

胴体部ディティール

新旧とも、色分けは優秀。

旧HGUCは前腕部の合わせ目が気になります。

リヴァイヴ版は胸部両端のセンサーも、グリーンのシールで再現。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225640j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117225702j:plain

脚部ディティール

旧HGUCは合わせ目が気になりますが、リヴァイヴ版のパーツ構成は見事です。

リヴァイヴ版は脛部分が長くなり足首も小型化したことで、足が長くなったように見えます。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225840j:plain

肩アーマー

肩アーマーも合わせ目が目立たないパーツ構成に。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117225924j:plain

足裏ディティール

足裏には、どちらも肉抜きがあります。

サイズも小さくなっていますね。

 

可動ギミック(旧HGUCとの比較)

f:id:MASA-HGUC:20190117230037j:plain

各関節の可動範囲

首、肘、股関節など、リヴァイヴ版の可動範囲が圧倒しています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230204j:plain

腹部関節

リヴァイヴ版は腹部関節が追加され、前屈姿勢が可能に。

旧HGUCは腰の回転はできますが、ひねることはできません。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230308j:plain

脚部関節

膝関節はリヴァイヴ版の方が曲がりますが、つま先の可動は旧HGUCのみ。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230452j:plain

サーベルラックの可動

旧HGUCは布製チューブを使用しているだけあり、サーベルラックを自由に動かせます。

 

スーパーガンダム(Mk-Ⅱディフェンサー)

f:id:MASA-HGUC:20190117230614j:plain

Gディフェンサー

HGUC 035 スーパーガンダム付属のGディフェンサーを使って、スーパーガンダム(Mk-Ⅱディフェンサー)形態への合体を試してみましょう。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230747j:plain

バックパック中央部の小さなパーツを外すと…

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230833j:plain

ガンダムMk-Ⅱ恒例(?)、謎の穴(笑)が出現。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117230952j:plain

Gパーツ

そこへGディフェンサーを変形させたGパーツを装着。

f:id:MASA-HGUC:20190117231029j:plain

フロントビュー

f:id:MASA-HGUC:20190117231047j:plain

リアビュー

あっさりとスーパーガンダムへの合体が実現。

ただ、個体差かもしれませんが足首の関節がヘたりやすく、スーパーガンダム状態での自立はやや不安定です。

アクションベースなどを使ってのディスプレイをおススメします。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117231236j:plain

ロング・ライフル

鬼門はこのロング・ライフル。

グリップが大きすぎて、リヴァイヴ版のガンダムMk-Ⅱの手首には持たせられません。

そこで…

f:id:MASA-HGUC:20190117231334j:plain

グリップパーツの加工

ハイパー・バズーカのグリップパーツを画像のように切り欠き、ロング・ライフルに脱着できるようにしてみました。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117231438j:plain

ロング・ライフルを装備

f:id:MASA-HGUC:20190117231533j:plain

スーパーガンダム

これで完璧なスーパーガンダムが完成。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117231826j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117231846j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117231901j:plain

Gフライヤー

もちろんGフライヤー(高速巡航形態)も再現可能。

ただ、リヴァイヴ版はつま先の可動がオミットされているので、Gフライヤー形態は旧HGUCの方が見栄えが良いかもしれません。

スポンサーリンク
 

他キットとの比較

ティターンズ仕様と比較

f:id:MASA-HGUC:20190117232157j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117232224j:plain

ティターンズ仕様(右)

HGUC 194 ガンダムMk-Ⅱ(ティターンズ仕様)との比較。

成形色違いなだけですが、印象はずいぶんと変わります。

 

 

Zガンダムと比較

f:id:MASA-HGUC:20190117232356j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117232419j:plain

Zガンダム(右)

HGUC 203 Zガンダムとの比較。

全体のスタイルはずいぶんと違いますし、頭頂高もZガンダムの方がやや高めです。

 

 

百式と比較

f:id:MASA-HGUC:20190117232608j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117232630j:plain

百式(右)

HGUC 200 百式との比較。

劇中前半でよく見られたツーショットだけあり、絵になります。

 

f:id:MASA-HGUC:20190117232733j:plain

頭頂高に注目

百式の方がかなりスリムなので背が高そうに見えますが、頭頂高はほぼ同じです。

 

 

リック・ディアスと比較

f:id:MASA-HGUC:20190117232844j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117232930j:plain

リック・ディアス(右)

HGUC 033 リック・ディアス(クワトロ・バジーナ カラー)との比較。

百式に次いで劇中でも多く見られたツーショット。

ボリューム感はずいぶん違いますが、頭頂高はほぼ同じです。

 

 

ネモ、ジムⅡと比較

f:id:MASA-HGUC:20190117233119j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233139j:plain

ネモ(左) ジムⅡ(右)

HGUC 150 ネモ及び、HGUC ジムⅡ エゥーゴカラー(プレミアムバンダイ限定)との比較。

エゥーゴ陣営の量産機と揃えても絵になります。

 

 

 

パラスアテネと比較

f:id:MASA-HGUC:20190117233327j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233353j:plain

パラス・アテネ(右)

HGUC 060 パラス・アテネとの比較。

まるで大人と子供ほどの違いですね。

エマさん、よくこんなのと戦えたな…

 

 

ポージングギャラリー

f:id:MASA-HGUC:20190117233621j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233641j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233714j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233732j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233759j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233816j:plain

※フライングアーマーは別売り

f:id:MASA-HGUC:20190110201125j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233850j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233915j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233930j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117233948j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117234025j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190117234221j:plain

 

おわりに

可動ギミックの進化が目覚ましく、主役機らしくばっちりポーズを決めることができます。

また、ファーストガンダムやガンキャノンほど極端に小顔化しておらず、万人に受け入れられやすいスタイルも魅力です。

現在では百式やZガンダムもリヴァイヴ化されているので、エゥーゴ陣営の僚機と揃えるもよし、ティターンズ陣営の敵機と対決させるもよし、色々な楽しみ方ができるガンプラです。

 

HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

HGUC 193 機動戦士Zガンダム ガンダムMk-II (エゥーゴ仕様) 1/144スケール 色分け済みプラモデル

 

スポンサーリンク