積みプラHGUC.com

1999年から積み続けたガンプラHGUCシリーズ専門ブログ

HGUC 214 バイアラン 1/144 - 素組みレビュー

f:id:MASA-HGUC:20190119172125j:plain

2018年7月発売 税別価格2600円

はじめに

今回の記事は「HGUC 214 バイアラン 1/144スケールキット」のガンプラ素組みレビューです。

 2012年11月に発売されたHGUC 147 バイアラン・カスタムから6年近く(!)、首を長くして本家バイアランの発売を待っていた方も多いのではないでしょうか。

もちろん私もその一人です(^^;

可変MS全盛の時代に、あえて非可変MSでの大気圏内飛行を実現させるというコンセプト、そしてその複雑怪奇なデザインなど、実に意欲的なMSだと思います。

ただ、意欲的すぎるデザインのためか、テレビアニメ劇中では簡素な描かれ方をすることもしばしばありましたね。

また、大気圏内飛行は可能ですが作戦行動時間が短くなるためか、結局ベース・ジャバーに乗る必要もあったり…

そんな意欲的すぎるくらい時代を先取りしていた名機(?)、バイアランの雄姿を見ていきましょう!

 機体データ

f:id:MASA-HGUC:20190119172204j:plain

フロントビュー
  • 型式番号:RX-160
  • 全高:23.1m
  • 頭頂高:18.6m
  • 本体重量:34.2t
  • 全備重量:54.7t
  • ジェネレータ出力:1760kw
  • スラスター総推力:86400kg
  • センサー有効半径:9890m
  • 装甲材質:ガンダリウム合金

f:id:MASA-HGUC:20190119172236j:plain

リアビュー

ティターンズがグリプス戦役末期に開発した、局地戦用試作型MS。

両肩と腰部をはじめとして、全身に大推力のスラスターが装備されている。

また他のMSと比較して、本体に膨大なプロペラントを積載することが可能なため、補助装置を使用したり、変形をすることなく、MS単独で大気圏内飛行を行うことができる。

熱核ジェット・エンジンを熱核ロケット・エンジンに換装すれば、空間戦闘においても通常のMSを上回る加速性を発揮する。

しかし、武装がビーム・サーベル以外には内蔵のメガ粒子砲のみと、強力ではあるがバリエーションに乏しく、作戦継続時間の制限といった運用の問題もあって量産化には至らなかった。

 

主な装備

f:id:MASA-HGUC:20190119172418j:plain

付属品一覧

サーベル刃×2、サーベル用持ち手×2のほか、アクションベース用接続パーツが付属。

付属品はこの程度ですが、バイアラン・カスタムのバリエーションキットのため、この他にも大量の余りパーツが発生します(^^;

 

f:id:MASA-HGUC:20190119172615j:plain

メガ粒子砲

特徴的な3本指マニピュレータの掌部分に内蔵されていますが、ディティールはあっさり目。

塗装の必要があります。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119172805j:plain

ビーム・サーベル

ビーム・サーベルはクリアイエローのビーム刃が2本付属。

ビーム刃は本体のボリューム感に負けない長さ。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119172910j:plain

サーベル用持ち手

独特の3本指なので保持力が心配ですが、専用の持ち手だけありグラつかずに保持できます。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173017j:plain

ビーム・サーベル収納

ビーム・サーベル基部は肘部分の内側に収納可能。

動かしているうちにポロっと落ちてくるのが難点。

 

各部ディティール

f:id:MASA-HGUC:20190119173229j:plain

独特のプロポーション

他のMSとは一線を画す、独特のプロポーションが再現されています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173314j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119173331j:plain

頭部ディティール

バイアラン・カスタムと違い、モノアイに。

モノアイはホイルシールで再現。

色分けも優秀です。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173439j:plain

首周辺

首周りの色分けも見事。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173520j:plain

背面のスラスター

バイアランの飛行能力を支える巨大なスラスターも再現されています。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173702j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119173618j:plain

肩部スラスター

肩部のスラスターも、大きめのノズルで再現。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173741j:plain

肩部上面

肩部上面には合わせ目が残ります。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173813j:plain

胴体ディティール

複雑な面構成の胴体部も見事な色分け。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173906j:plain

腕部ディティール

上腕、前腕ともに合わせ目が気になります。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119173946j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119174001j:plain

脚部ディティール

鳥足のような独特の脚部。

つま先への伸びるイエローのラインはホイルシール。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174118j:plain

足裏ディティール

足裏のディティールはあっさり目ですが、肉抜きはありません。

 

可動ギミック

f:id:MASA-HGUC:20190119174241j:plain

各関節の可動

複雑なデザインの割には、各関節ともよく動きます。

足首の接地性も優秀です。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174337j:plain

肩関節可動

肩関節は腕部と外側のスラスターが独立して可動。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174449j:plain

肩関節スイング

肩関節は若干のスイングが可能。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174527j:plain

腰部関節

腰部は回転できるほか、若干のひねりが可能。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174615j:plain

脚部関節

脚部の関節は複雑なデザインの割に、膝関節もつま先もよく動く方かと。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174744j:plain

首関節

首周りも特に干渉せず、動かしやすい方です。

 

f:id:MASA-HGUC:20190119174824j:plain

背面バインダー

背面バインダーの可動も、ある程度の自由度が確保されています。

 

他キットとの比較

バイアラン・カスタムと比較

f:id:MASA-HGUC:20190119174939j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119175005j:plain

バイアラン・カスタム(右)

HGUC 147 バイアラン・カスタムとの比較。

お値段はどちらも税別2600円ですが、ボリューム感にはかなりの差を感じます。

本家バイアランの方が背負いものがすっきりとしている分、安定して自立させやすいです。

 

Zガンダムと比較

f:id:MASA-HGUC:20190119175229j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119175251j:plain

Zガンダム(右)

HGUC 203 Zガンダムとの比較。

私が調べた情報によると、バイアランは全高こそ23.1mと巨大ですが、頭頂高は18.6mとZガンダムよりもやや低いはずなんですが…

むしろバイアランのほうが背が高くなっています。

 

リック・ディアスと比較

f:id:MASA-HGUC:20190119175530j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119175548j:plain

リック・ディアス(右)

HGUC 033 リック・ディアスとの比較。

バイアランのターゲットといえばリック・ディアスかと(笑)。

やはりバイアランの方が頭頂高も高め。

 

www.tsumiplahguc.com

 

バーザムと比較

f:id:MASA-HGUC:20190119175743j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119175806j:plain

バーザム(右)

最後にHGUC 204 バーザムとの比較。

劇中ではバーザム隊を率いていたイメージがありますからね。

バーザムも量産機としては大きい方ですが、バイアランに比べるとちいさく見えてしまいます。

 

ポージングギャラリー

f:id:MASA-HGUC:20190119180020j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180036j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180055j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180133j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180155j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180227j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180256j:plain

f:id:MASA-HGUC:20190119180319j:plain

 

おわりに

 かなりゴツかったバイアラン・カスタムよりもすっきりとしている分、より動かしやすく、より安定した自立が可能になっています。

テレビアニメのイメージよりもだいぶ大きいような気がしますが、こんなにも複雑怪奇なデザインのMSがガンプラとして立体化されたというだけでも称賛したいもの。

安定した自立が可能ですが、やはりアクションベースを使って設定どおり浮かせてディスプレイするのがおススメです。

Copyright ©tsumiplahguc.com All rights reserved